聖剣伝説3リメイクで英語を学ぶっ!

英語のゲーム実況

こんにちは!
ゲーム実況で英語を学んでいるPIROです^^

先日、PS4の聖剣伝説3リメイクをクリアしたのですが、英語学習にとても良い教材だと感じたのでオススメのポイントをお伝えしたいと思います。

英語初心者から上級者まで、幅広くオススメできるゲームなので、楽しみにしててくださいね!

聖剣伝説3リメイクとは

聖剣伝説3は、1995年にスクエア(現スクエアエニックス)が創ったアクションRPGです。そのリメイク作品がついに、2020年に発売されました。

物語は、世界の力の源である、マナの木の異変から始まります。

主人公たちはそれぞれ悩みを抱えており、その悩みを解決するために旅立っていきました。ところが、日に日に大きな陰謀に飲み込まれていき、世界を救うための壮大な冒険となっていきます。

主人公6人の中から3人を選ぶのですが、選んだ組み合わせによってストーリーが変化するので、ゲームクリア後もパーティを変えて何周もプレイできるのが強みです。

個性的なキャラクターばかりで、20年以上たった今でも、根強いファンが(私を含め)たくさんいます。リメイクでは音声にも対応しているので、リスニングの良い練習にもなりますよ!

英語設定の方法

英語設定の方法はとても簡単!

日本版のゲームソフトで、音声/字幕ともに英語に設定できます。
ゲーム画面のオプションでEnglishを選べばOKです!

※言語切替の際には、ソフトの再起動が必要となります

オススメのポイント3つ

では、なぜ英語学習にオススメなのか?ポイントを3つご紹介します。

1.目的地が明確

次の目的地が「星印」で示されるため、万が一英語の内容が理解できなくても、迷うことがありません。私の場合、全体の理解度は5~6割程度でしたが、それでも問題なくクリアまで進めることができました。

2.王道ストーリで、内容がわかりやすい

まさに勧善懲悪という言葉がピッタリのゲーム。一部キャラクターから小難しいセリフが出てくることもありますが、全体の流れは王道で分かりやすいです。

3.ゲームとして面白い

グラフィック、音楽、戦闘、どれをとっても一級品。難易度もイージーモードがあるので、アクションが苦手な方も安心ですね!

欠点:「ロード時間が長い」の対策

もちろん長所ばかりでなく短所もあり、そのひとつに

「ロード時間が長い」

というのがあります。

ただ、ロード中はチュートリアルが英語で表示されるので、ロードが終わるまでに、すべての英文が読めるかどうかチャレンジしてみてください。

意外と最後まで読めなかったりするので、読み込みの時間が気にならなくなりますよ~😊

面白かった英単語

砦や要塞といった言葉は普段は目にしませんが、このゲームには何度も出てきます。

本作品では

stronghold

citadel

fortress

といった単語で登場しますが、これらは全て「砦、要塞」といった意味です。

普段なかなか目にしない英単語だと思いますので、ゲーム内でもし目にする機会があれば、ニヤリとしてください😏

さいごに

いかがでしたでしょうか。

聖剣伝説3リメイクの英語はシンプルで分かりやすいですし、もし分からなかったとしても、どんどん先に進めることができるのでとてもオススメです。

ぜひ機会がありましたらプレイしてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。
Thank you for your time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました