英文法が苦手な私でも読めた!オススメの文法書3選+1

未分類

こんにちはー!
英語の文法が大の苦手なPIROです^^;

今回は、そんな私でも読めた文法書を3つと、オマケでもう1冊紹介したいと思います。

気軽に読めるものから本格的なものまで、いろいろありますので、楽しみにしていてくださいね!

はじめに:文法書っているの?

「文法なんていらなくね?」

そう思っていた時期が私にもありました。
英単語カタコトでも、めちゃくちゃな文法でも、伝わればOKだと。

ただ、英語の学習をやればやるほど、文法の大切さを痛感します。そして、文法にそった話し方だと、やっぱり相手に伝わりやすくなるんです。


英語の文法って算数の公式みたいなもので、

「無くても頑張れば解けるけど時間かかるし、あったらすごく便利」

なものだと考えています。

しかし、教科書を読むのが大の苦手な私。
文法の必要性を感じながらも、ずっと学習を敬遠していました。

そんな私でしたが、英語のゲームの実況プレイをしているときに、英語に詳しいリスナーさんたちからオススメの本をたくさん紹介していただきました。

どの本も素晴らしかったのですが、その中でも特に私が「これは!」と思ったものを厳選してお伝えします。

先に書籍のタイトル名をお伝えしておきますと、

・ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
・一億人の英文法
・総合英語One

の3冊です。
それでは、簡単に良いところを解説していきますね!

オススメ3選

1.ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
(向山淳子・向山貴彦・たかしまてつを著)

最初にオススメしたいのがコレ。文法の基本を、難しい用語をいっさい使わずに解説してくれます。絵や図をたくさん使って分かりやすく説明してくれるので、とても読みやすく、サラっと読んでしまえます。

英語の学習を開始した初期に読んで、英文の考え方について理解する上で、とても役立った書籍でした。

2.一億人の英文法
(大西泰斗・ポールマクベイ著)

変わった文法書で、分厚さに構えてしまうのですが、こちらもとても読みやすいです。
(文章にややクセはあります)

文法だけでなく、基本動詞や前置詞のイメージも説明してくれるので、英語を学習するうえで大事なポイントを抑えることができます。

3.総合英語One
(アルク著)

あまり知られていないのが、この総合英語One。たまたま中古で安かったので購入しただけだったのですが、これが大当たり。さすがのアルク出版だけあって、文法の説明が丁寧で分かりやすく、もう今は手放せない大切な1冊になっています。

じっくり通して読むというよりは、分からない文法が出た時に、辞書代わりに利用するような使い方がオススメです。

オマケ:究極の英単語 Vol.1 初級の3000語
(アルク・阿川イチロヲ著)

こちらも素晴らしかったのでオマケで紹介。
冒頭約30ページの文法説明が、非常に分かりやすくて◎でした。

詳細は「英文法のトリセツ(阿川イチロヲ著)」でじっくり説明されていますので、そちらもオススメです!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

電子書籍や中古で安く買うことができるものばかりですので、「文法苦手だ~」っていう方こそ、ぜひお試しください。

あ!最近「中学英語をひとつひとつ分かりやすく」という本を購入してみましたので、読み終えたらまた感想をお伝えしますね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
Thank you for your time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました