海外版ドラゴンクエスト3で英語を学ぶっ!

ドラクエ3

こんにちは!PIROです^^

海外版ドラゴンクエスト3(DragonWarrior3)のゲーム実況をはじめましたので、その内容をお伝えしたいと思います。

GBC(ゲームボーイカラー版)で、まずはオープニングから性格診断テストまでプレイしていきます。よろしくお願いします!!

※ゲームのネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意くださいませ。

PIRO
PIRO

面白い英語表現も出てきますので、お楽しみに!

ドラゴンクエスト3とは

ドラゴンクエスト3(ドラクエ3)は、1988年にエニックスから発売されたロールプレイングゲームです。主人公は魔王を倒すために、仲間とともに困難な道へと旅立っていきます。

ロトシリーズの完結編ということで、ユーザーから大きな期待がよせられていました。そして発売前日には店の前に長蛇の列ができ、トップニュースになるなど、社会現象にもなりました。

ストーリーは堀井雄二さん、音楽はすぎやまこういちさん。そしてキャラクターデザインはDrスランプやドラゴンボールで有名な、鳥山明さんが担当しています。勇者をはじめ、戦士や魔法使いなど、各職業を代表する男女のキャラクターが正面に構えるパッケージは、悪に立ち向かう強い意志を感じさせる、素晴らしいデザインになっています。

日本での人気を受け、海外版も1992年に発売されたようです。

名前をどうするか

ゲーム開始時、主人公に名前を付けることになります。あらかじめ「ダイの大冒険」メンバーの名前を付けると決めていたため、リスナーさんとも相談してDaiとしました。

他にもロトの紋章や、アベル伝説という候補がありました。

ただ、

ロトの紋章:戦士、武闘家、遊び人

アベル伝説:戦士、戦士、魔法使い

とバランスが悪いため、見送ることにしました^^;

オープニング

“Is it true that Ortega had a baby?”
オルテガに子どもが生まれたってのは本当かい?


勇者オルテガに子どもが生まれたところから、オープニングがはじまります。

King:Now, let us give a hero’s send off to the great Ortega!
王:偉大な勇者オルテガを見送ろうじゃないか

王の命令で、悪を倒すために、妻と子供を故郷に残して旅立つオルテガ。

世界各地を旅しながら、魔王の元へと向かっていきます。

しかし、途中で手ごわい敵と遭遇し、火山の奥深くに敵と共に沈んでしまいます。

報告を受けた妻は

Mom:I’ve been prepared for this day.
母:こんな日が来ると(心の)準備をしていました

どうやらオルテガが旅立ったその日から、覚悟を決めていたようです。

そして、勇者を失った人々は、その血を引き継いだ少年に、期待のまなざしを向けるのでした。

性格診断テスト

性格診断はファミコン版にはなく、SFC版で追加された要素で、私がプレイしているGBC版にもバッチリ収録されていました。

主人公がふと気が付くと滝の前に立っており、I represent all(すべてをつかさどる者)と名乗る者が現れます。いくつか質問されるので、正直に答えていきます。

たとえば

質問:When eating, do you save your favorite food for last?
“好きな食べ物は最後に食べますか?”

こんな質問が出てきて、YesかNoで答えます。

せっかくなのでこの質問について、配信でリスナーさんにアンケートをとってみたところ、好きな食べ物は最後に食べる人が多かったです(44.4%)

PIRO
PIRO

ちなみに私は最初に食べます


そのほかにも数回質問に答えた後で、最期にイベントがスタートしました。

最終問題:とある城で

またまた意識を失い、気が付くとお城の2Fにいました。

ウロウロしていると、女王のひとりごとが聞こえてきます。

“Soon…soon those jewels shall be mine… All mine…”
もうすぐ、宝石は私のものよ

どういうことでしょうか。

訳も分からず1Fに降りると、王様と兵士たちが会議をしています。

King:If we are invaded, we will suffer.
”もし侵入されたら、我々は苦しいだろう”


King:So I’ve decided to strike first!
”だから、ワシは先手を打つことに決めた”

どうやら魔物に襲われる前に、先制攻撃に出るつもりのようです。

敵が攻めてくるという情報元が「女王」からという点に、兵士のリーダーが少し疑問を抱いた様子でした。ただ、王様の命令というのもあって、指示に従うことになりました。

兵士たちが城を出た後、勇者である私は王様に話しかけてみました。

“King:Will you be joining the force?”
王:君も軍隊に加わりたいのかい?

嫌な予感がした私は、「No」を選択しました。

You are dismissed!
“では出ていきたまえ”

王様の指示通りにそこから出ていくと、映像が途切れて中途半端にテストが終了してしまいました。。。

PIRO
PIRO

選択肢をミスっちゃいましたね。。

結果発表・・・

represent allより、説明を受けた性格診断テストの結果が発表されました。

Dai, you appear to not care much about what is happen.
”あなたは何が起ころうとも気にしないようですね

People have no idea what you thinking about precisely because you are not thinking.
“人々はあなたの考えが分からない。なぜならあなたは何も考えてないから

・・・

ヘコむのでこれ以上は書きませんが、この後ネチネチとズタボロに罵られた結果、ついた照合は

Happy(しあわせもの)

でした。

ああ、頭の中がお花畑ってことですかな。。

そして最後に

I’m looking forward to see you again!
また会える日を楽しみにしています!

とありがたいお言葉をいただきました。

・・・

・・・

二度と会いたくないわぁあーーーー!!!!!!!

目覚めると

“raise and shine”
起きて

母の優しい声で目が覚めました。恐ろしい悪夢だった…

今日はDaiの16歳の誕生日。
王様に会いに行く約束の日です。

性格診断テストで心がズタズタに引き裂かれていたのと、キリも良かったので、ここで配信終了となりました。

PIRO
PIRO

rise and shineで「起きる」(=wake up)になるんですね!素敵な表現ですな~

最後に

いかがでしたでしょうか?

represent allの発言は別としても、by and largeやrise and shineなど、なかなか面白い英語表現が出てきました。ドラクエ3も楽しく英語学習できそうです。

次回はアリアハンで、王様や街の人に話を聞いていこうと思います。はたして無事に旅立つことができるのでしょうか?ご期待くださいませ!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
Thank you for your time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました