海外版シムシティプレイ日記 Part7 とある犯罪都市の末路

英語のゲーム実況

こんにちはー!
自然の中を散歩するのが趣味の、PIROです。

今回は海外版シムシティプレイ日記Part7をお伝えしたいと思います。

はたしてデトロイトの街に平和は訪れたのでしょうか?

PIRO
PIRO

オマケで最高難易度のUFOシナリオにも挑戦してみましたので、そちらも読んでいただけたらと思います!

前回のあらすじ

前回は、シナリオモードでデトロイトを選択。街のいたるところで犯罪が発生しており、悲惨な状況でしたので、警察署を立てて取り締まります。

さらには、決算時に経費でがっぽりお金が持ってかれるので、不要な道路や線路を削って節約をしていました。

そして5年経過時点でひととおり作業を終えたので、様子を見ながらシナリオ終了の10年後まで待つことになりました。

プレイ日記

最後の1年は、船の沈没が原因で切れてしまった電線を(金欠のため)修復できないまま、時間だけが過ぎていきました。そしてみるみる減っていく人口。ただただ見守るしかありません。

1年経過し、シナリオ終了しましたが、結果は案の定失敗。You’re fired!(キサマはクビだ!)と言われ、市長を辞めることになりました。

PIRO
PIRO

なかなか難しいシナリオでした。

やや時間が余ったため、せっかくなので最高難易度のUFOシナリオに挑戦することにしました。

シナリオを開始して、すぐにUFOが出てくると思っていたのですが、なかなか出てきません。。待っている間はとくにやることもないので、公園を作ることにしたところ、楽しすぎてついつい夢中になってしまいました。こういう細かい作業が面白いのも、シムシティの魅力のひとつですよね!?

そしてとうとう、UFOが登場。予想通り(?)空からの登場でした。
まずしょっぱなから消防署を破壊するというインテリっぷりを見せつけられ、建物を破壊し街を火の海にするUFO。

大惨事に何もできないまま、配信終了のお時間となりました(;;

ピックアップ英単語

単語名:in disorder
意味:めちゃくちゃに、めちゃめちゃに

in orderが「順番通り」を意味するので、反対を示す接頭辞のdisを付けるとめちゃくちゃになる感じですかね!

単語名:UFO
意味:未確認飛行物体

Unidentified Flying Objectの略とのことです。

ゲーム配信中、UFOというキーワードが出てから、カップ焼きそばで一番おいしいのはどれか?という話題になりました。アンケートを取った結果、一位はやはりUFOでした。美味しいですよね!

単語名:deny
意味:否定する、認めない、信じない

「denyでない」という覚え方が有名な単語。
政府はUFOを認めていないようです。パニック映画あるある?

さいごに

いかがでしたでしょうか。

これにてシナリオモードは終了し、次回からオリジナルの街をつくっていきます。
設計図も出来上がっているので、どんな街になるか、楽しみにしていてくださいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
Thank you for your time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました