カカロットの英語は?ドラゴンボールのキャラクター名で英語を学ぶ!

ドラゴンボール

こんにちはー!PIRO(ピロ)です😊

子どもにも大人にも大人気のドラゴンボールは、日本だけではなく、世界中で人気のある作品です✨

そして、キャラクター名は食べ物や飲み物が元になっていることも有名ですよね!

たとえばカカロットはCarrot(ニンジン)、ベジータはVesitable(野菜)が元になっています。

では、食べ物や飲み物が元ネタになっているのは、ほかにどんなキャラクターがいるでしょうか?英語と合わせて見ていきましょう!😊

PIRO
PIRO

この記事では、海外版の漫画およびゲームで表示された名前を参考にしています。

悟空とベジータ

まずは永遠のライバル、悟空とベジータの英語です。

悟空には「カカロット」という、サイヤ人としての名前もあるため、両方を確認しましょう😊

名前英語元ネタ元ネタの英語
悟空Goku西遊記
カカロットKakarotニンジンCarrot
ベジータVesita野菜Vesitable

PIRO
PIRO

ちなみにサイヤ人の元ネタは野菜で、英語版はSaiyan(サイヤン)と言われています✨

フリーザ編の敵キャラ

フリーザ編で出てきた敵キャラは、食べ物が元であることが多いです。

ギニュー特戦隊は乳製品が由来ですね😊

名前英語名元ネタ元ネタの意味
フリーザFriezaFreezer冷凍庫
ザーボンZarbonShaddockザボン
ドドリアDodoriaDurianドリアン
ギニューGinyuMilk牛乳
ジースJeiceJuiceジュース
バータBurterButterバター
リクームRecoomeCreamクリーム
グルドGuldoYogurtヨーグルト

ザーボンさんの元ネタ、ザボンの英語はPomeloでも良いようです。
日本語とは全然ちがうんですねぇ😆

オマケ:フリーザ編の名ゼリフの英語

私の戦闘力は53万です

“My power level you see… is 530,000.”

強烈なインパクトを与えたフリーザのセリフ。

悟空たちとの圧倒的なパワーの差に、絶望を覚える瞬間でもあります。

PIRO
PIRO

敵ながらめちゃめちゃカッコ良いです✨

ここからが本当の地獄だ

“The real suffering truly starts now…”

ギニュー特戦隊との戦いで、グルドを倒して喜んでいるクリリンとご飯に対して、ベジータが発したセリフ。

これからの戦いが苦戦必至であることを、強く印象付ける名セリフです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ドラゴンボールには、ほかにもたくさんの元ネタが隠されています😊

英語ではどうなっているのかを気にしてみると、楽しく英語を学べて良さそうですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
Thank you for your time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました