海外版FF7プレイ日記Part3~5 ノース魔コウを吹っ飛ばせ!!

英語のゲーム実況

こんにちはー!
今日も元気よく、海外版FF7で英語を学んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします!

※ゲームのネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意くださいませ。

前回のあらすじ

主人公のCloudとBarretたちは、星のエネルギーを吸い取っているという魔晄炉を破壊しに行きます。無事侵入に成功し、爆弾で魔晄炉を破壊したメンバーたちは、敵の追手を振り切って脱出するのでした。

魔晄炉~街からの脱出

魔晄炉を爆発させ、街まで戻ることができたCloudたち。

しかし、街には見張りの兵士が多く、まとまって行動すると目立ってしまいます。そこで、それぞれいったん分かれて、約束の場所で落ち合うことになりました。

街の人々から話を聞いていると、Cloudが入った反神羅組織は ”AVALANCHE(アバランチ)” と呼ばれていることが分かりました。

その後、狭い通路を抜けると、見回りをしていた兵士に見つかってしまいます。

“That’s as far as you go.”
そこまでだ

続々と集まる兵士に囲まれ追い詰められたCloudでしたが、ちょうど走ってきた電車に飛び乗り、難を逃れることができました。

電車内での会話

一方、場面は切り替わり電車の中。Barretたちは約束の時間になっても戻ってこないCloudを心配しています。

しばらく待つと、ようやくCloudが乗り込んできました。

“Oh, Cloud!! Your face is pitch-black…”
あら、クラウド!!あなたの顔、真っ黒よ…

走っている列車の外から乗り込んだため、顔が真っ黒なCloudでしたが、Jessieに顔を拭いてもらいます。いいなぁ

そして、敵対する神羅カンパニーの都市Midgal(ミッドガル)に関する説明を受けるのでした。

認証システムの作動

Jessieによると、列車の進路には、ID Security check area(IDをチェックするエリア)があるとのこと。

“Speak of the devil”
噂をすれば

Jessieが説明をしているときに、ちょうどチェックポイントを通過するタイミングになりました。クラウドたちは偽造IDを持っているため、1回目は問題なくチェックポイントを通り過ぎることができました。

しかし・・・

ピックアップ英単語

今回は4つの表現をピックアップしました。

単語名:in sight
意味:間近に、すぐ近くに迫って

 

The end is in sight!
終わりは近くまで迫っているんだ!

街の人の印象的なセリフです。世界の終わりは本当に近いのでしょうか?

単語名:hot shot
意味:名人、有能な人

 

BarretからCloudに向けたセリフ。皮肉を込めて言っているようです^^;

単語名:pillar
発音記号:pílə(r)
意味:支柱

 

Midgalは柱によって支えられている都市です。ちなみに、クロノトリガーの「時の最果て」でもこのpillarという単語が使用されていました。

単語名:Speak of the devil
意味:うわさをすれば影

 

ジェシーがID Security check areaの説明をしているときに、ちょうどそのエリアに入ったので、このセリフが出てきました。面白い表現ですので、覚えておきたいイディオムです^^

さいごに

いかがでしたでしょうか。

次回はAVALANCHEの秘密基地でのやり取りの様子を、お伝えしたいと思います。大人気のあのヒロインもいよいよ登場しますので、お楽しみに!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
Thank you for your time!

コメント

タイトルとURLをコピーしました